パートナーズ司法書士事務所

相続手続・遺産整理支援

相続とは、人の死亡によって開始し、その相続人らが相続開始時において被相続人に属した一切の権利義務(財産や債務など)を承継することを言います。故人を偲ぶ想いとは裏腹に、相続を契機としてなすべき手続は数十種類あると言われております。
なかには期限のある手続や、やり直しのきかない手続もあり、正確な知識や情報を備えておかないと予想外の不利益を被るケースもあります。
パートナーズ司法書士事務所は、多種多様な相続手続について豊富な経験とノウハウがあり、すべての手続を安心してお任せ頂けます。

 

 

ご遺族の手続負担をまとめてお引き受け致します

相続手続・遺産整理支援 

役所や年金事務所、電気・ガス・水道に関する諸手続、預貯金の解約払戻し、不動産・株式等の名義変更手続など、相続を契機としてなすべきすべての手続について支援を行い、相続人の方々の事務負担を引き受け、精神的負担を軽減させる総合窓口として機能致します。ほとんどの相続手続において必要となる戸籍の取寄せは、事案によって膨大な量になったり、全国各地に交付請求を行ったり、手間や時間が掛かるものです。また、相続財産が不確定の場合には、調査により明らかにしていかなければなりません。債務超過となっていれば、期限内に相続放棄の申述を行う必要もあります。当事務所には、相続手続に特化した部署があり、迅速かつ正確に法定相続人や相続財産の調査を行って、着実にその後の手続へと進めていきます。遺産分割協議がまとまらない場合や、相続税申告が必要となる場合、その他司法書士の職域外の手続についても、弁護士、税理士など相続実務に精通した専門家と連携して問題の解決にあたります。遺産の分配を専門家に任せたいというニーズには、相続のプロフェッショナルである当事務所が第三者としての立場から公平に関与し、安心・確実に遂行致します。

空き家対策支援

近年、空き家の増加が社会問題となっており、平成25年時点で全国の空き家戸数は約820万戸と言われております。相続した家屋に誰も住まず空き家となる場合に、その対策について助言と必要な手続支援を行います。平成27年2月26日に「空家等対策の推進に関する特別措置法」が施行され、適切な管理が行われていない空き家については、行政が主導となり改善指導や勧告等がなされることになりました。改善されない場合には、強制執行を受けたり、土地の固定資産税が増額されたりするおそれもあります。相続した家屋が空き家となる場合には、賃貸や売却という手段も選択の一つです。当事務所は、相続した家屋が空き家となる場合、行政に関する情報を提供したり、不動産業者に協力依頼するなど、空き家対策を通じて健全な地域社会の環境維持に貢献しています。

業務内容

  • 法定相続人の調査・戸籍の取寄せ
  • 相続財産・債務の調査
  • 遺産目録の作成
  • 遺産分割協議に関する相談・助言・立会
  • 遺産分割協議書の作成
  • 各種相続財産の名義変更等
  • 遺産整理業務(遺産の分配等)
  • 相続税・準確定申告に関する税理士取次ぎ
  • 相続放棄・限定承認の申述
  • 相続の承認又は放棄の期間(熟慮期間)の伸長


お問い合わせ

 

tel 0120-296-415 メールでのお問い合わせ