パートナーズ司法書士事務所

裁判書類作成

当事者同士では解決できない事や、決定できない事については、裁判手続により裁判所にその判断を委ねることができます。裁判手続には、貸金トラブル等の属する民事手続や、親族間の遺産分割トラブル等の属する家事事件などがあります。
いずれの事件も一定程度の法律知識が必要となり、期限が定められた手続の場合には、これを経過してしまうと不測の不利益を受けてしまうおそれもあります。
パートナーズ司法書士事務所は、民法をはじめとする裁判手続に必須の法律知識を備えており、書類作成を通じて問題の解決をサポート致します。相手方との交渉を要する場合や特に複雑な裁判手続の場合には、必要により弁護士と連携して対応致します。

 

 

裁判手続による正当な権利行使をサポート

民事事件/書類作成支援

民事事件においては、主に簡易裁判所に提出する各種書類を作成することにより、当事者同士の紛争解決に向けた手続支援を行います。裁判所の手続は、書類提出によって進行し、有効な主張や反論が記載されていない場合や、提出期日に遅れた場合、定められた書式ではない場合には、不利に働くことが想定されます。また、裁判所や相手方から到達する書類には専門的な用語が用いられ、法律知識がないと理解することも困難です。当事務所は、法律書類作成のプロフェッショナルとして、民事事件をサポート致します。事案によっては、適任の弁護士を紹介して対応致します。

家事事件/書類作成支援

家事事件においては、家庭裁判所に提出する各種書類を作成することにより、家族や相続に関する問題解決に向けた手続支援を行います。相続人間で遺産分割の話合いがまとまらないときや、一部の相続人が非協力であるときに申し立てる遺産分割調停が代表的です。家族間の紛争は特に感情的になってしまうケースが多いため、専門家が第三者の立場から冷静に状況を見極め、的確な助言と対応を行うことがとても有効となります。他にも、相続放棄や未成年者の特別代理人選任など、相続を契機とする手続は数多く、平穏な生活を取り戻すため必要な手続支援を行います。

業務内容

 

-民事事件-

  • 貸金返還請求に関する訴状の作成
  • 建物明渡請求に関する訴状の作成
  • 訴状に対する答弁書の作成
  • 各種準備書面の作成
  • 強制執行手続書類の作成
  • 支払督促申立書の作成
  • 少額訴訟に関する訴状の作成
  • その他、簡易裁判所に提出する書類の作成

 

-家事事件-

  • 自筆証書遺言の検認に関する申立書の作成
  • 遺産分割調停に関する申立書の作成
  • 未成年者の特別代理人選任に関する申立書
    の作成
  • 不在者財産管理人選任に関する申立書の作成
  • 失踪宣告に関する申立書の作成
  • その他、家庭裁判所に提出する書類の作成


お問い合わせ

 

tel 0120-296-415 メールでのお問い合わせ